ニューアルバム発売&リリースイベント詳細


先日発表したニューアルバム発売とリリースイベントの詳細をお知らせしますね。

 

RYOJIROCKセカンドソロアルバム「シンガーソングファイター」

 

2019年11月5日発売、全12曲入り 定価¥3,000 (tax in)
制作・販売:RYOJIROCK / ZIZZ STUDIO

Additional Musician
藤沼啓二:Drums、Percussion
和佐田匡希:Bass
時乗浩一郎:Piano、Organ
磯江俊道:Keyboard (ZIZZ STUDIO)

 

ライヴ会場での手売販売及び通信販売、専用サイトからのWEB販売(準備中)となります。
配信販売、ストリーミングサービスは年明けに対応予定
※今回のアルバムは今のところ全国流通を行う予定はございません。

 

RYOJIROCK、長い音楽人生の最高傑作が完成しました。頭の中で鳴っていたサウンド、アレンジ、それを完璧に、そしてそれ以上の形に作りあげました。曲もアレンジも最高のクオリティです。

今回もサポートメンバーに長い付き合いのドラマー、藤沼啓二(元DEENツアードラマー、秦基博、川嶋あい、藤田麻衣子、他)とベーシストには昨年末から参加してもらっている腕利きベーシスト、和佐田匡希(ex PALBO、キャタ・ザ・シャドラックと不敵な楽団、イトウナホ、佐々木耕介、他)の強力なリズム隊の他、2001年にWONDER DRIVEでデビューした際のプロデューサー、時乗浩一郎(元DEENプロデューサー)氏がピアノとオルガンで参加してくださいました。盤面での共演は実に18年ぶりになります。
そして今回いつも音楽制作の仕事でお世話になっているZIZZ STUDIOのボス、磯江俊道氏に共同プロデューサー兼エンジニアとして参加していただきました。レコーディングはZIZZ STUDIOで、そして自宅スタジオでギターダビングなどを行いました。磯江さんのエンジニア技術の高さは定評があり、クオリティの高さは磯江さんのお陰と言っても過言ではありません。もちろんわたくしRYOJIROCKも歌いまくりギター弾きまくりです。ストリングスアレンジもやってます。そうして今出来る事全てを注いだ作品になりました。

 

発売まで1ヶ月を切ったタイミングでの発表になりましたが実は今年頭頃からアルバム発売のプランはありました。前のソロアルバムを出してからちょうど2年ぶりになりますが、当初は12月頃の発売を予定して徐々に準備を始めてました。
昨年から2枚出していた4曲入りのデモCDと先日発表した2曲入りの限定弾き語りデモCDの10曲、そして新曲5曲とコンピレーション用に取り直した「DNA -生きる-」の計16曲からセレクションを行い、10曲に絞りました。というよりはアルバムに収録するクオリティにある曲が10曲だった、と言った方が近いかもしれないです。

デモCD達からは2曲外しました(1曲は古い曲で以前発表していた事もあり、今回収録する意味合いが低い事、もう1曲は現時点でデモCD時よりも良いアレンジイメージが湧かない事が理由)新曲5曲の中から自分が納得出来るクオリティに満たない3曲を削ってこの時点で10曲。理想としては11〜12曲だったので、ボーナストラックとして普段ライヴで演っているループ演奏を再現したトラックを収録しようと思いました。本編との違いがきっと面白いと思うのでね。

さて、これで元々のプランだった11曲に達した、けれどアルバムのコンセプトがはっきりしない。もちろん全ての曲がシングルカット出来るくらいの曲のクオリティがあると自負しているけれど、テーマになるポイントがぼんやりしていて視えて来なかった。それでしばらくアルバム制作のプランが停滞していて、そのまま時間だけが経ってしまっておりました。

それが制作プラン決定の締め切りギリギリで急に曲が降りて来て、ビックリするほどあっという間に曲も歌詞も出来ました。曲が降りてきた3日後には歌詞もアレンジも完璧に仕上がってたんですよね、これは本当に凄かった。そう、今の自分の中で根底にある事は「自分との闘い」だったり「仲間への感謝」だったりして、それらの事を常に感じながら日々歌っている訳だけど、いつかそれを歌にしたいとずっと思っていたんです。それが堰を切ったように生まれてきたんです。きっと今いる歌うたいの仲間達に出逢わなければ生まれて来なかった曲だと思うんです。本当に感謝しかないですね。

そして一番最後に出来たその曲がアルバムの基本コンセプトとなり、アルバムタイトルとなりました。

シンガーソングファイター、とてもクソダサいタイトルだと思います。それでもいいんです、それ以外に今当てはまる言葉が思いつかない。

俺たち歌うたいは日々何かと闘っているんです。それは共演者であり、お店であり、観てくれるお客さんであり、でも実はそうではなくて己との闘いであると思うんです。そうやって切磋琢磨しているからこそお互いに高め合ったり成長出来る。自分の理想に少しずつ近づいていく事が出来る。それは独りじゃ出来ない、仲間がいるからこそ高め合える、そんな日々が素敵で楽しくて、今一番大切にしたい事。それをみんなにも知ってもらいたいし聴いてもらいたい、そんな想いでいます。

 

長くなりましたが、とにかく最高傑作出来ましたよーって話です!!

 


 

リリースに伴い、リリースイベントを行います。先にアナウンスしていた11/23のイベントです。リリース間に合ってよかったよ(まだプレスこれからだけどw)いつも世話になっている仲間たち、そしてこのメンツでイベントやりたいと思っていた演者たちです。リリイベに呼んだ形になってちょっと申し訳ないのだけど、みんなで楽しいイベントに出来たらと思っています。

いや、このメンツなら最強に楽しいイベントになるよな。

 

11/23(土祝)代々木 Barbara 

RYOJIROCK presents「NAKED ROCK vol.9」
セカンドソロアルバム「シンガーソングファイター」リリースイベント


出演:カトウマサタカ / 有田健太郎 / 鈴木ナオト / 加藤卓雄 / 寒椿(仙台)/ RYOJIROCK


17:30 OPEN / 18:00 START
前売2,800円 / 当日3,300円(+1D)

 

どうか皆さん、この夜は代々木に集まってください。そして新しいアルバムを手にしてください。絶対に損はさせません!!

 

Barbara
渋谷区代々木1-42-4 代々木P1ビルB1
Tel/Fax:03-3320-5895

カテゴリー: Information, Live, 作品・Goods

レコーディング!!そしてアルバム発売日決定!!


10月になりました。4日に熊谷モルタルレコードで三上隼が組んでくれたイベントに出演して来ました。とても良い夜で良い場所、良いイベントでした。その話をしたいのですが、緊急のお知らせがありまして先にこちらをお知らせします。

 


 

セカンドソロアルバム発売決定しました!!

詳しくは一番下へ(ついでに読んでって)

 

TwitterやFacebookでご存知の方もいると思いますが、9月の10本のライヴの隙間を縫ってレコーディングをしていました。

いつもアレンジの仕事やコンペでお世話になっているZIZZ STUDIOで、今回は磯江さんにもご協力いただき共同プロデュースという形で制作しています。今までソロ音源は全てセルフレコーディングでしたが、今回はプロユースのレコーディングスタジオで本気度300%で取り組んでいます。今まで手を抜いてた訳じゃないですよ、その活動を始めてこの2年間で培って来た経験と音楽、そして仲間への想い、音楽への姿勢、その全てがこのタイミングで身を結ぼうとしています。

 

 

 

今回のレコーディングメンバー、ドラマーはもう20年近い付き合いになる藤沼啓二、そしてベーシストに今年からサポートで参加してもらっている和佐田匡希のリズム隊です。非常に良いグルーヴを生んでくれます。

 

 

 

 

ベーシックレコーディングは3日で10曲終わりました。2人とも仕事が速い。俺も前より速くなった。仕事のレコーディングの時はギターソロ1万テイクくらいやり直す俺ですが(笑)。

 

 

自宅スタジオで出来る作業は自宅で。サイレントキャビネットを導入したおかげで自宅でもアンプを鳴らして録れるようになった。今まではシミュレータやプラグインでやってたけど、今はちゃんとスピーカー鳴らしてマイクで録ってる。そんな大音量でじゃないけど十分なんです、やっぱ生はいい。

 

    

 

歌録りはスタジオのブースが空いた時にセルフで録音。セルフディレクションでも音がいいと判断がし易い。soundeluxのチューブマイクは俺の声とめちゃくちゃ相性がいい。1日8時間くらい歌い続けてました3日間くらい。

 

 

そしてついにレコーディングが完パケ!!あとはトラックを整理してミックス作業。TDとマスタリングです。ZIZZ STUDIOボス、磯江さんの出番です。激烈超多忙な方なので間に合うのか少々不安もありつ、出来る作業は俺の方で先に進めておくのです。とはいえ締め切りまでもう2週間切ってる!!最後の追い込み、磯江さんを道連れにして気合い入れて制作していきます。

 

 

 

皆さん、出来上がりを楽しみにしててね。RYOJIROCKを知っている方はもちろん、まだ知らない方にも自信を持って強力にお勧めできるアルバムになります、もうなってます。すでに公言していますが確実に最高傑作になります。めちゃくちゃテンション上がってます。早く届けたいぜ。

 

 


 

本日アナウンス開始します。

2019年11月5日、前回のソロアルバム発売 (2017.11.5) からちょうど2年ぶりにアルバムを発売します!!

 

RYOJIROCK – シンガーソングファイター

 

ボーナストラック含む全12曲、¥3,000(税込)

 

 

ライヴ会場での手売り販売と通信販売、専用サイトからの販売(予定)となります。
配信は年明けを予定しています。

 

 

早くみんなの手に届けたい。これは本当に聴いてもらわないといけない。良かったら聴いてね、って話じゃないんだ、どうしても聴いてもらいたい。それだけ自信を持ってお勧め出来るクオリティに仕上がってます、既にこの段階で。更にここから磨きをかけてみんなのお手元に届くまでにめちゃくちゃ最高のアルバムに仕上げます!!

 

 

さあ、あと少し!!頑張るぜ!!!

 

 

 

カテゴリー: Information, 作品・Goods

9月最後の1週間4連戦!!


 

はい、ツアーから戻ってきてそのままの勢いで9月最終週のライヴ4本、がっつりやってきました。お付き合いいただいた皆さん誠にありがとうございました!!4本全部参加してくれた人はさぞ大変だったと思います(苦笑)、ありがとう!!でも楽しかったね!!

 

 


 

9/22(日)中野・新井薬師 ナカノステレオ
[俺とお前のツーマンシリーズ#23]〜今日は特別編にて3マン!〜
出演:kurosawadaisuke、RYOJIROCK、Sherry Marky

 

  

この夜は名古屋からSHERRYさん達が来るからとダイスケさんに誘われて参加しました。2年前に名古屋のUKで対バンして以来、ツアーでUKに行くと必ず対バンしてくれるお二人、お世話になってます。そりゃ参加せずにはいられないでしょ。

 

1. 月明かりとダンス
2. アキラメナイ
3. 彩
4. 素晴らしき世界
5. 漂流
6. DNA -生きる-
7. シンガーソングファイター(新曲)

 

そしてこの夜の見ものは最後のセッション!!みんなでコスプレをしてガンズアンドローゼスの「SWEET CHILD ‘O MINE」を(笑)。SHERRYさんに俺のバンダナ貸して巻いてもらったらもろアクセル(笑)、ダイスケさんもズラと鼻ピまで用意してスラッシュ役(笑)、俺は胸を開けた柄シャツとダサいストールでイジー役でした(笑)、アコギでガンズ。めちゃめちゃおもろかった。またこれやろうね!!やるの?

   

 


 

9/23(月祝)埼玉・みずほ台 Acoustic House おとなり
出演:親松実 / 梅田淳平 / タケウチシュンイチ / カトウマサタカ / RYOJIROCK

 

 

おとなりの深井店長に「カティと淳平とブッキング組んで欲しいな」ってお願いして組んでもらった1日。初めましての親松くんもタケウチ君も素晴らしいアーティストでした。カティの安定感、安心感、淳平の天才的な歌、身体中で浴びて俺が一番楽しんだかも知れないね。みんないい歌、いい声、最高のメロディメイカー達だよ!!お疲れ様!!

間違いなく良い夜だった。共演者を尊重し合い、互いに刺激し合い、影響を与え合う。その中で自分はどうだっただろうかと各々が己に問いかける。そしてより良い次回を目指す。これこそ健全な演者のあり方ではないか。

切磋琢磨しよう、高め合おう、それぞれが目指す理想へ向かう為に。なんてなーー。

 

 

SET LIST
1. 月明かりとダンス
2. 彩
3. タイムリープ(新曲)
4. 漂流
5. DNA -生きる-
e.c. シンガーソングファイター(新曲)

 

 


 

9/26(木)幡ヶ谷 36°5
36°5光presents『光熱vol.4』
出演:鷲見俊之 / 宮本プレズリー / RYOJIROCK / 三村能一 / 荒井光

 

   

同郷、山形出身の新井光が誘ってくれました。光が作った山形の芋煮(俺共同監修)がフードで出たイベントです。
同郷とは言え歳もずいぶん離れていて田舎でも交流がなかった俺をリスペクトしてくれて自分のイベントに誘ってくれました。感謝だなあ。光のまっすぐな歌は俺結構好きだよ。対バンのみんなもそれぞれ個性が強くてなかなかの強敵でした。ホント36°5 は毎回刺激を受ける演者ばかりだね。ありがとう。

 

SET LIST
1. 月明かりとダンス
2. 素晴らしき世界
3. 彩
4. 漂流
5. DNA -生きる-
6. シンガーソングファイター(新曲)

 

 

芋煮。

光と2人で。

 


 

9/27(金)豪徳寺 leaf room
KAKUpresents《幸せをあなたに…東北ツアー再現編》
出演:有田健太郎 / RYOJIROCK / 小関峻 / 加藤格(leaf room豪徳寺)

 

 

 

5月の東北ツアーのメンツを再現して欲しいというお客さんからの要望がまさかの形になったイベントでした。思い返せばその全てはここleaf roomで始まったんだよな。2年前にここに出会って格さんと仲良くなってライヴ出るようになって、1年前にありけんと出会って、その時に峻も居て。みんなとの出会いのおかげで今こうやって歌えています、ホントありがとうね。

この日ライヴ後にありけんが酔っ払いながら「兄さん新曲激アツやないですか!!最高やった!!」「あんな演者にしか響かない歌をよう歌いましたね!!カッコいいっす!!」って言ってくれた。嬉しいな。ホント嬉しかったな。だってそれでいいんだもん。みんなと出会ってここまでやって来られた事、みんなへの感謝の気持ちを歌にしたかったんだもん。届いてくれたのならそれに勝る喜びはないよ。いつもありがとうね。

 

SET LIST
1. 大丈夫
2. 愛すべき僕ら
3. タイムリープ(新曲)
4. DNA -生きる-
5. シンガーソングファイター(新曲)

 

 

 

一人だけ残像拳をつかう有田健太郎。天才かよ(笑)

 

 

leaf roomといえばローストビーフでしょやっぱ(googleマップの最後の画面もローストビーフ)

 


 

さて10月です!!消費税上がりました!!軽減税率の矛盾に軽く苛立ちを覚える中、初の熊谷です!!この夜は東北ツアーの仙台に参加した三上隼が作ってくれました。こうやってみんな繋がって行くんだね。最高の夜にしますので是非!!

 

10/4(金)熊谷 モルタルレコード
《三上隼&モルタル共同企画「音街巡旅#11」》
出演:RYOJIROCK / 藤田悠治 / 有田健太郎 / 三上隼
open/18:45  start/19:15
Charge:2,500円(+1D)

モルタルレコード mortarrecord@jcom.zaq.ne.jp

 

 

カテゴリー: Information, Live