Information

新年のご挨拶(遅)

投稿日:

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

昨年は大変な状況の中で皆様には本当にお世話になりました。本年も宜しくお願い致します。

新年のご挨拶が相当遅れました、ごめんなさい。まあ普段交流のある方はTwitterなどSNSでご挨拶出来ているので大丈夫かと思いますが、ちゃんとサイトも更新しないとダメですよね、気をつけよう。

さて、わたくしRYOJIROCKは2021年なんと半世紀アニヴァーサリーでございます。よくもまあここまで音楽を続けて来られたなと。ここまで本当に紆余曲折あり過ぎましたし、道の途中で何度も挫折しました。音楽から離れた時期もありましたがそれでもやはり辞められずに戻ってきて、また音楽に向き合いました。それから今までずっと、音楽と共に歩んできました。

そして4年前、本当に1から音楽をやり直す覚悟でにソロに転向しました、その後は皆さんが知っている今のRYOJIROCKです。本当に長い事、30年以上音楽に携わっていますが今が一番充実している実感があります。今の僕が在るのは支えてくださる皆さんのお陰です。皆さんのお陰で歌い続ける事ができている訳です、いつも本当にありがとうございます。

ソロ活動を開始して最初の年は40本近く、2年目は80本、3年目はコロナ禍で20本ほど中止になりましたがそれでも58本のライヴを行ってきました。アーティスト活動1本ではなく、ご存知のようにお掃除の仕事や便利屋のような仕事、音楽制作や楽曲提供の仕事など様々な業務を行いつつアーティスト活動をしている「兼業アーティスト」ですが、その中でもここまでの活動が出来た事でたくさんの方々にRYOJIROCKという存在を知って頂けました。もちろんその積み重ねが自信にもなったし幾つになっても成長出来る事も体感出来ました。

その流れで活動をより色濃く密度の高いものにしていこうとしていた矢先の2020年はコロナ禍の影響で思うような活動が出来ず、とてももどかしい日々でしたが、それをポジティブに捉え出来る事からやっていこうと配信も始めましたね。最初の緊急事態宣言下では毎晩トークキャスを約1ヶ月配信。その後は週2回に減らしましたが、ワンオペでの配信ワンマンライヴ などもシリーズ化してやってきました。回を重ねるごとに配信のクオリティも徐々に上がり、個人レベルとしてはかなり高い水準で配信できるところまで来ました。これらは災い転じてというところでしょうか、今後定着するであろう新たなコンテンツである配信、それを新たなスキルとして蓄積する事が出来たのは財産かなと思います。この辺はみんなだと思うけどね。

2021年も現状のようにまだまだ厳しい状況は続きます。引き続き感染対策をしっかり行いながら臨機応変に対応していく事になります。それによりライヴの中止や延期、配信ライヴへの切り替えなどそのつど対応していく事になりますが、その中でもみんなに喜んでいただけるようなモノを提供していけたらと思っています。皆さんも体調管理をしつつ感染対策を続けていただきながら状況を見ながらライヴに来てもらえたら嬉しいですし、来られない時は配信で楽しんでもらえたら幸いです。

そして今年はもうひとつ、僕がずっと続けてきたバンドWONDER DRIVEがデビュー20周年を迎えます。その活動歴の大半は休止してたような気もしますが(苦笑)。特に売れた訳でもないですが、ワンドラの曲を大切にしてくださっている方もいらっしゃいます。そんな方々へお礼の気持ちとして、アニバヴァーサリーな何かを残せたら、と考えています。楽しみにしていてくださいね。

 

 

今年のテーマは「想」にしました。

思う、想い、思いやり。
思いやりがコロナ禍の世界を救うと本気で思ってる。みんなだったらきっと簡単だよね?

相手を想う事がひいては自分を救う事に繋がると想うのです。すぐに結果は出ないかも知れないけど、丁寧に積み重ねればみんなが笑顔になる。そう信じてます。

 

もうひとつ、裏のテーマは「我」です。

「郷に入れば郷に従え」バンド界隈から弾き語り界隈に来て4年、その言葉の通りこの界隈では新人と自分をわきまえて活動してきました。この4年で様々なものが見えてきましたし、自分の立ち位置も解ってきました。もちろん今まで通り誰とでも笑顔で仲良くしたいし、周りや相手への感謝とリスペクトを忘れずに一つ一つ丁寧に活動していくけど、今まで以上に自分らしさを出していきたいと。もっと我を通してもいいんじゃないかと。周りへの気配りとか感謝とかそれは当たり前の事で、そうじゃない部分でもっと自分らしく、もっと自分の良さを出せるような形で活動していかなきゃと思ってます。まあその辺は自分の内面的な事なのかも知れないね。

 

さて、そんな訳で今年もコロナ禍で色々大変(ほんと大変)だけど、うつむいてないで前を向いて進むぞ。みんなと一緒に進んでいくぞ。目的地がそれぞれ違っても僕らは支え合って進む事が出来るはずだよ。その先でみんなで笑っていられるよう頑張っていこうね!!

Information

RYOJIROCK ワンマンライヴ ご来場&配信観覧御礼

投稿日:

12/5(土) 豪徳寺leafroom
RYOJIROCK ワンマンライヴ!!【限定入場&配信ライヴ】

 

RYOJIROCKワンマンライヴにお越しくださった皆様、配信チケットを購入して観覧してくださった皆様、本当にありがとうございました。まず、限定入場ではありますが予定通り有観客で開催出来た事に安堵しました。これは関わってくださった皆さん、サポートメンバー、スタッフ、お店側、お客様たちが感染予防を高い意識で続けてくれた事に他なりません。本当にありがとうございました。

 

今回は直前にコロナ対応の関係でスタッフが自粛になってほぼワンオペ配信になったり(急遽オートスイッチャーをプログラムした)別現場で関係者が発熱した影響で来場を控えたお客様がいたりという事がありましたが、いずれも自己申告してくれたお陰で安全を担保する事が出来ました。参加出来なかったにも関わらずこのワンマンを大切に考えてくれた皆さんに感謝しています。

そんな事もありコロナ禍でのワンマンという事で準備、設営から本番前のトラブル、色々とバタバタしたかも知れませんが、今出来る事、持てるものはしっかり出せたと思っています。何より皆に楽しんでもらえたと強く感じています。マスクをしていてもみんな笑顔なのがよく分かりました。会場でしか味わえない楽しさを体感してもらえたと思っています。感染が拡大している中、様々な考え方がある中で出来うる限りの対策をとって(もちろん常に警戒して予防を続けていますが)開催して良かったと思います。リスクをとって対策をしながらご来場くださった皆さんにはほんと感謝です。本当にありがとうございました。

そして配信チケットを購入して観てくださった皆さんにも心から感謝しています。通常月1程度で行なっている配信ライヴは無料配信でどなたでもご覧いただけますが、今回は敢えてクローズドなイベントにする為に有料限定配信にさせていただきました。その上で、配信をご覧いただく皆さんにも楽しんでもらえるようしっかりと準備をしてきました。カメラは高画質の4カメ、スイッチャーの導入や音質へのこだわり、ステージ照明や撮影用照明もすべて自前で揃えて設営しています。ここまでしなくてもいいのでは?と思う方もいるかも知れませんが、出来る事を全力でやってこそ対価を頂けると僕は思うのです。楽して稼ぎたいわけじゃない、それなら音楽は選ばない。自分の音楽をその時出来る最大限の方法で楽しんでもらいたい、そのための努力惜しまずに。その上で僕の音楽や表現に皆さんが価値を付けてくれたら嬉しい。そんな風に思っています。

 

 

アーカイブは1ヶ月残します。ご購入くださった皆様は何度でもご覧いただけます(ご来場いただいた方も特典としてアーカイブをご覧いただけます)配信チケットを購入してくださった皆さんにはポストカードを送らせて頂きます。今しばらくお待ちくださいね。

 

今回こういう形で自由にやらせてくれたleaf roomの格さん、本当にありがとう。いつも見守ってくれてありがとう。もっとお店に貢献できるよう頑張るね。

 

今回バンドセットで支えてくれたサポートメンバーの2人、本当にありがとう。2人とも楽しそうに演奏してて嬉しかったし、実際終わってから「楽しかった」って声しか出なかったのが嬉しかったよ。これからももっともっと楽しい事やろうね。

 

 

 

そして集まってくれたお客様、画面の向こうで見てくれたお客様、本当にありがとう。あっという間でした。全21曲、本当にあっという間でした。こんなにたくさん演ったのに一瞬みたいだった。きっとそれだけ楽しかったんだと思います。それだけみんなの笑顔が嬉しかったんだと思います。この気持ち忘れずにこれからも向上していきたい、もっともっといい曲を書いていいライヴがしたい、そんな思いでいます。

 

これからもRYOJIROCKをよろしくお願いしますね。

RYOJIROCK:Vocal、A Guitar、E Guitar
森口翔太:Bass
藤沼”JINU”啓二:Drums

 

2020.12.5 RYOJIROCK ワンマンライヴ
セットリスト

RYOJIROCK SOLO
1. 月明かりとダンス(outro)
2. アキラメナイ
3. 素晴らしき世界
4. 彩
5. 刺青
6. 大丈夫
7. ビリーバー(新曲)
8. ここにいて欲しい
9. 真夜中のsugar
10. 言葉

-転換、換気タイム-

RYOJIROCK BAND
11. 月明かりとダンス
12. 逢いにゆく
13. 愛すべき僕ら
14. 虹(新曲)
15. 漂流
16. アイヲサケブケモノ(新曲)
17. Singer Song Fighter

E.C. 1:
18. ありふれた愛の歌
19. DNA -生きる-

-配信終了-

E.C. 2:(来場者特典)
20. 1224
21. タイムリープ

 

Photo by 涼たん @k_ryou

Photographのページにライヴ画像をアップしました。


 

新譜「Monochrome Rainbow」も聴いてね、感想教えてね。