Information

4/3に思った事。

投稿日:

お久しぶりです、しばらく投稿が出来ておりませんでした。その間noteに2本ほど記事を書きました。今回の新型コロナウイルス感染拡大についてです。4/3に書いた記事をこちらの方にも転載します。4/14現在と状況が違いますが、それを踏まえて読んでいただければ幸いです。

 

noteに前回の記事を書いたのが3/13、その頃の認識ではまだ感染者は限られていてしっかり予防をしていれば防げると思っていました。欧米に比べて日本はよくやっている方で、少ない感染数に抑え込まれていると。クラスターも追跡出来ているので感染爆発はしないし、ライブハウスでの感染は2件のみでした。その上で必要なのはしっかりと予防、用心しながら出来るだけ通常に過ごす事と考えていました。自粛する事で発生する損害は大きく、ライブハウスも演者も存続出来なくなる危険性があるので、しっかりと対策をしつつ営業を続けていくべきと思っていました。

 

それから約3週間、日本の感染者数は右肩上がり、特に都内での感染者は急激に増加しています。当時はライブハウスを槍玉にあげるような報道のされ方に怒りを覚えていましたが、すでにそういう段階ではないようです。ライブハウスやスポーツジムだけではなく、夜のお店、飲み屋さん、クラブ、キャバクラなどでも感染が確認され、当初出た屋形船由来の病院の院内感染、コンビニの店員、至る所で感染が広がっています。すでに感染経路を追跡出来ない孤発性の感染もどんどん増えています。高齢者だけではなく若い世代の感染者も増え、年代関係なくクラスターになる可能性が高くなりました。この状態が続けば欧米と同じような事態になってしまうのではないかと危惧しています。

 

全世界で90万人、うちアメリカではすでに20万人が感染しました。それに比べて日本はまだ2,178人(4/1時点)です。少ない要因にBCGの摂取説が上がっています。日本株のBCG摂取を行った地域(もちろん日本含め)では感染数と死亡率が低いというデータも出ていますが、まだ因果関係は解っていません。もし効いているならいいのですが、そうでない場合、これから爆発的に感染者が増えていくことになるのではないかと思っています。

 

まさかここまでとは。3/13時点での自分の見通しと考え方は、ここで切り替えなくてはならないと思っています。本日4/3のライブについては熟慮に熟慮を重ねた上、徹底した予防をした上で出演します。お店がアコースティックのライブバーでライブハウスのような閉鎖的な作りではない事、立地が3階で風通しも良く2カ所ある開口を大きく開けて換気が出来る事、高濃度アルコールや次亜塩素酸水のスプレーを用いて除菌を徹底する事、お客様にはマスク必須で入場の際に必ず手を消毒してもらい、椅子の間隔を開けて観覧していただく事、ドアノブやドリンクカウンターなど共有する部位やそこに触れたお客様にはその都度除菌を徹底してもらう事、次亜塩素酸水を20ppmに希釈して加湿器で空間除菌するなど、主催者と共に出来る限りの対策をとって行います。

 

以降、4月のライブは基本的に自粛する方向で調整を始めました。これからの状況次第ですが、5月のライブも中止せざるを得ない事になるかも知れません。非常に残念で悔しい事ですが、出来るだけ感染しないように、感染しても人に移さないよう努める事が大切だと思っています。たとえ自分が感染したとして重症化しなかったとしても、自分から誰かに感染させてしまい、重篤化したら大変な事です。時間は掛かるかも知れないけど、いつか沈静化します。その時にみんなで笑って逢えたらいいなと思います。その為にも今は辛抱の時です。この時期に出来る事はきっとあるはず、それを模索しながらやっていこうと思います。

 

急いで書いたので偏ってたり散文的になったるかも知れませんが(平常運転)今の思いをここに記しました。

 

みんな、頑張って越えましょう。キツイです、みんなキツイはずです。でも起こってしまった事は戻らない。進むしかないんです。進んだ先でまた会えるよう無事でいてくださいね。

 

備考:こちらの記事は新型コロナウイルスに対する個人の見解であり、皆さんに同じ考えを勧めるものではありません。それぞれの状況、それぞれの事情があり、それを尊重しつつ現状と向き合わなくてはと思っています。